稲毛海浜公園プールはテント持ち込みOK?更衣室やロッカーも調査!

季節の行事

稲毛海浜公園プールはテントの持ち込みが可能?どんなものが持ち込み禁止?

更衣室やロッカー、シャワールームはある?無料で使えるの?

など、実際に行ったことがある私がお伝えします!

また、プールや駐車場の混雑状況・コロナ対策についても徹底調査しました。

 

稲毛海浜公園プールにテントの持ち込みしても大丈夫?

 

稲毛の浜にある『稲毛海浜公園プール』にテントを持ち込むことができるかどうか。

結果からいうと・・・

 

できます!持ち込みOKです。

ただし、持ち込み可能なテントの大きさは決まっています

ポップアップ及びワンタッチテント(160㎝以下で足のないものに限る)

 

ということで、3~4人用の小さなテントであれば持ち込み可能です。

 

私が実際に訪れた際も、色とりどりのテントが所狭しと設置されていました。

 

ニジコーン
ニジコーン

並んでいるテントは同じメーカーのものも多く、どれが自分たちのテントか判らなくなりそうなほど沢山のテントが並んでいましたよ。

 

お友達同士で遊びに来て、ずーっとプールに入っている場合は必要ないかもしれませんが、家族で来ている場合など、お子さんを待っているお父さんお母さんにはテントが必須だと思います。

公園内は日陰も少ないので、一休みできる自分の空間(テント)があるととても便利ですし、またテント内でサッと着替えることもできるので、テントの持ち込みはとてもおすすめです。

 

※ 有料になりますが、テーブル&椅子が完備された日除け(屋根)のあるスペース(プライベートスペース)もあります。(料金:5000円)
プライベートスペースはオンラインでの事前予約、またはプールにて当日予約もできます。(事前予約優先)

 

 

テント設置のポイント・注意点

テントを持ち込むにあたり、注意事項やポイントをまとめました。

 

<テント設置時の注意点>

・テントは設置可能エリアに設置すること

・1メートル間隔で設置すること

テント設置可能エリア(稲毛海浜公園プール)

引用:稲毛海浜公園プール公式HP

 

<テント持ち込み時のポイント>

・周りと被らない色のテントが良い

・何か目印になる場所にテントを設置するのが良い

・早めに入場しないと日陰やプールサイドなどの良い場所に設置できない可能性大!

 

私が稲毛海浜公園プールに遊びに行った際は、テントだらけで自分のテントがどこにあるのか迷ってしまうくらいでした。

子どもだとテントに戻れず、迷子になってしまうかも・・

 

だから、テントはわかりやすい色がおすすめ!

そしてポールなど目印となる側に設置すると自分のテントが見つけやすいです。

 

ニジコーン
ニジコーン

ちなみに、、テントの色は圧倒的に緑色が多かったですよ~。

だから緑以外の色がいいかも。

 

 

稲毛海浜公園プールにテント以外に持ち込み可能なものは?

稲毛海浜公園プール

引用:稲毛海浜公園プール公式Twitter

 

テント(160㎝以下で脚のないもの)の他に持ち込み可能で便利なものをご紹介します。

 

<持ち込み可能なもの>

・飲み物
・ビーチパラソル
・レジャーシート
・浮き輪(浮き袋)
・ゴーグル(水中眼鏡)
・水鉄砲
・クーラーボックス
・防水ケース
・ラッシュガード
・ベビーカー
など

 

プールエリア内にベビーカーを持って入れますので、小さなお子さまがいるご家庭には良いですね。

貴重品を入れて持ち運べる防水ケースも便利です。

 

 

ただし、注意点や持ち込み禁止の物もありますので合わせてお伝えします。

 

持ち込み禁止なもの・注意点

●飲み物はペットボトルや水筒はOKですが、瓶・缶・アルコール類は持ち込み禁止です。

●食べ物は以前は持ち込みOKだったと思うですが、コロナ禍の現在、ベビー食は除いて食事の持ち込みは禁止とされているようです。また食べ歩きも禁止されています。

●160㎝以下で脚のないテントはOKですが、密閉されて中が確認できなくなるようなテントやタープテントは持ち込み禁止です。

サンオイル、油性の日焼け止め、シュノーケル、危険と思われるものの持ち込みは禁止です。

●赤ちゃんのプール用おむつは不可となっています。

●フロートマットやイルカのような、乗って遊ぶような浮袋は流れるプールなど限られた場所でのみ使用可能です。

 

 

稲毛海浜公園プールの更衣室やロッカー、シャワー室の状況を調査!

稲毛海浜公園プールの更衣室はどう?

引用:稲毛海浜公園プール公式Twitter

 

稲毛海浜公園プールには更衣室やロッカー、シャワー室が入場ゲートを入ってすぐ左手にあります。

どんな様子なのかお伝えしますね。

 

更衣室はどうなってる?

更衣室、コインロッカー、シャワー室へは男女共に同じ入口から入ります。

 

入ってすぐの場所は男女兼用の更衣室となっていて少々驚いてしまいますが、そのままコインロッカーが並ぶ通路を奥まで進むと女性専用の更衣室があります。

 

ただし、女性専用の更衣室といっても扉があるわけではなく通路から一部見えてしまうような造りなので、奥の奥まで行って見えない場所で着替えることをおすすめします。

またいくつか個室もありますので、気になる場合は個室を利用しましょう。

更衣室の利用は無料です。

 

ニジコーン
ニジコーン

私のおすすめは・・・

行きは洋服の下に水着を着て行き、プールに付いたら脱ぐだけにする!

帰りは持ち込んだテント内でラップタオルを利用して着替える!

のが良いと思います。

 

 

コインロッカーは有料?無料?

コインロッカーは基本有料です。。

1回の開け閉めでお金がかかるロッカーと、1日に何度でも開閉が自由にできるロッカーの2種類があり、それぞれに大小のサイズがあります

 

全部で2278台ものコインロッカーがありますよ。

 

利用の度に料金がかかるコインロッカー

大:1回200円
小:1回100円

 

開閉自由のコインロッカー

大:500円
小:400円

*1日に何度でも開閉ができ、【お帰りボタン】を押すと100円(だけ)が戻るロッカーです。お釣りの取り忘れに注意してください。

無料のロッカーはありませんが、何度も開け閉めができるロッカーがあるのは便利ですね。

 

 

シャワールームはどう?ドライヤーはある?

更衣室内には無料で利用できるシャワー室があります。

しかも、温水シャワーです!

 

ただ、ドライヤーは置いていませんので、タオルドライしましょう。

アメニティーグッズなどもありませんので、必要であれば持参してくださいね。

 

 

稲毛海浜公園プール、2022年プール内の混雑状況予測

 

2022年の稲毛海岸プールの混雑状況を、昨年度の状況から予測してみたいと思います。

 

私自身、稲毛海岸プールには何度も遊びに行っていますが、それはコロナ前のことです。

コロナ前の稲毛海岸プールはとにかく混んでいる印象で、流水プール(流れるプール)はイモ洗い状態だったことを覚えています。。

 

ではコロナ禍が続いていた昨年度(2021年)の状態はどうだったのでしょう。

Twitterをはじめ、色々なサイトをチェックしてみました。

 

すると、、やはり混雑していました!

コロナ禍ということで、昨年(2021年)は『5000人まで』という入場制限が設けられていましたが、やはり入場口では長蛇の列・・・

プールもやはり大混雑で、場所によっては身動き取れないレベル!無料のウォータースライダーはだいたい45分位の待ち時間とのことでした。

 

今年(2022年)の実際の状況がわかり次第また記事内容を更新しますが、2022年の夏も稲毛海浜公園プールは混雑が予想されます。

 

ただ、比較的空いている日もあるそうです。

それは7月の平日です!

同じ平日でも8月より7月の方が空いているとのことなので、都合がつくなら混んでいない日を狙って遊びに行くことをおススメします。

 

ニジコーン
ニジコーン

人数制限がありますので、日付指定予約チケットを購入してからお出掛けくださいね。

(ちなみに昨年(2021年)の指定入場日チケットは7月2日より販売開始でした。)

 

 

稲毛海浜公園プール、2022年の駐車場混雑状況予測

 

こちらも昨年度の公式Twitterなどから情報を集めましたが、、

2021年度の場合、早い日は9時過ぎに第一駐車場は満車、11時前には第二駐車場も満車となっていました。

 

ニジコーン
ニジコーン

コロナ前の話ですが、8月の土日など特に混雑する日は朝の8時過ぎには既に第一駐車場は満車になっていた、という情報もあります・・

 

まだまだコロナ禍の2022年の夏ですが、プールに近い第一駐車場に車を停めたい場合は、開場1時間~1時間半前の8時半~9時を目指して行くことをお勧めします

 

ちなみに、第二駐車場からプールまでは徒歩10分ほどの距離があります。

 

そして稲毛海浜公園プールの営業時間は朝10時~17時(最終入場受付は16時)となっています。

 

<駐車場の情報>

利用料金:600円/1日

駐車台数と駐車場利用時間
550台(第一駐車場)6時~22時まで
450台(第二駐車場)6時~18時まで

 

 

稲毛海浜公園プール、2022年のコロナ対策

 

稲毛海浜公園プールではさまざまな新型コロナウィルス感染拡大防止対策を実施しています。

 

●当日券の行列や販売員との接触を防止するため、完全前売り券制度になっています。

●混雑を防ぐため、1日の入場者数を最大5000人までとする入場制限が設けられています。(上限に近づいた場合はSNSにて告知されます。)

●入場時に検温があり、37.5度以上の発熱を確認した場合には入場ができません。

●園内の定期的な消毒・清掃の実施消毒液の設置など衛生管理対策を実施しています。

ロッカールーム・トイレの喚起、シャワールームの衛生管理を徹底しています。

●列が発生した場合や園内レストランでのソーシャルディスタンスを徹底しています。

 

ニジコーン
ニジコーン

新型コロナウィルスの感染防止策が徹底されていますので、安心して楽しむことができますね!

 

 

まとめ

  • テントは160㎝以下で脚のないものであれば持ち込みOK
  • その他、飲み物(ビン・カン・アルコール類は不可)、ビーチパラソル、ベビーカー、ラッシュガード、水鉄砲、浮き輪、レジャーシートなども持ち込み可能
  • 無料のシャワー室、更衣室(個室もある)がある
  • 何度でも出し入れ可能なコインロッカーがある(有料)
  • プールに近い第一駐車場は10時の開園時間にはほぼ満車になるので、遅くとも1時間前の9時までには到着しておかないと停められない可能性大
  • コロナ対策の入場制限が行われていてもプール内は混雑しているが、7月の平日は比較的すいている
  • ソーシャルディスタンスや入場制限、検温などコロナ対策がおこなわれている

 

暑い夏はやっぱり屋外プールに行きたいですよね!

コロナ禍であっても大人気の稲毛海浜公園プールですが、全12種類のプールがあり、中高生はもちろん小さなお子様連れのご家族も大満足できる施設です。

 

※新型コロナウィルスの影響で入場方法などが変更になる可能性があります。記事内容は随時更新していきますが、最新情報は公式サイトをご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました