スポンサーリンク

イオン ブラックフライデー2022はいつ?人気商品の予約はできるか徹底解説!

季節の行事

 

ブラックフライデーは、アメリカで親しまれている11月第4週の金曜日からスタートするセールのことです。

年末商戦の幕開けを告げるイベントとして毎年多くのアメリカ人がこぞって買い物に出かけます。

そんなブラックフライデーセールがここ数年、日本でも開催されることが増えました!

そこで、
✅イオンブラックフライデー2022はいつ開催されるのか?
✅人気商品の予約はできるか?

などイオンブラックフライデーについて徹底解説していきます。

 

 

イオンのブラックフライデーの日程は?

 

毎年11月はイオンではブラックフライデーを開催します。

ブラックフライデーは元々アメリカでは有名なセールイベントでしたが、数年前から日本でも開催され定着し、今では年明けの新春セールだけでなく、ブラックフライデーもかなりお得なセールとして知られています。

イオンではクーポンやプレゼント企画も用意してお得!ブラックフライデーを盛り上げています。

そんなイオンブラックフライデー2021はいつからいつまでなのでしょうか?

ここ数年イオンのブラックフライデーは、11月の第3金曜日金曜日から開始されています。

また、開催前に事前予約を受け付ける期間がありましたので、2022年も同じように早めから要チェックです。

イオンのブラックフライデーセール2022は、昨年と同じように10日間のセール期間になる可能性が高いです。

2020年のブラックフライデーから、例年よりセール期間が長くなっています。セール期間を長くすることにより、密を分散させる狙いがあると考えられます。

2022年は次の日程で開催されるのではないかと予想されます。
開催期間:2022/11/18(金)~11/27日(日) 
予約期間:2022/11/4(金)~11/13日(日) 

ちなみに2021年は次の日程で開催されました。
開催期間:2021/11/19(金)~28(日)
予約期間:2021/11/5(金)~14(日)まで

 

 

スポンサーリンク

イオンブラックフライデーおすすめ商品は?

 

普段のセールでは対象にならないもの、対象になったとしてもさほど割引されないものまでがドドンと安くなるブラックフライデーです。

 

電化製品

オーブンレンジの中でも、高い人気を誇る、シャープの「ヘルシオ」。

高性能なため価格も高めですが、ブラックフライデー期間中は、特別価格で販売しています。


 

おもちゃ

毎年子どもに人気のキャラクターやゲームなどのおもちゃが熱いのです。

特にリップスティックは、元々本体価格9,500円がセールで7,280円(税別)とお得なのですが、クリスマス早割1,000円引きを使用してさらに安くゲットできるそうです。

 

 

 

スポンサーリンク

イオンブラックフライデーの人気商品は予約はできる?

 

ブラックフライデーは、割引率の高さや商品が多彩で毎年この時期を楽しみにしている方も多いはずです。

そして、さらに注目したいのがセールの前に始まる「事前予約」です。

すでにご存知の方も多いと思いますが、ブラックフライデー本番を前にお得な商品が事前に予約することができます。

事前予約はいつからいつまでで、どんなものが安いのか気になりますよね。

多少、日にちや実施日数は異なるものの、予約販売会はセールの約2週間前に始まります。

2021年の日程は11月の第4木曜日の翌日、2021年11月26日(金)~でした。

 

事前予約ができる商品はその年によって多少変動があるものの、例年の人気商品は

テレビ 40型フルハイビジョン

本体価格:25,800円

各実施店舗で先着500点に限定商品。
年末年始、家で家族とゆっくりテレビを観たい方にはおすすめです!

 

松坂牛すき焼き用詰め合わせ

商品価格:9,000円

肩ロース・ロースのセットで、内容量がなんと1,000gです。

家族が集まることが多いこの時期に合わせた大容量、肩ロースとロースの食べ比べもできて大満足ですね。また、ギフトにも最適です。

 

日本酒やワインなどの飲み比べセット

商品価格:6,000円台~

こちらも年末年始に向けた在宅にぴったりの商品で、おすすめの日本酒やワインが5本~6本のセットです。食後の楽しみやギフトに多くの方が買われます。

その他にもこのご時世に合わせて、ワイヤレスイヤホンや卓上ラックなどがついた「テレワーク快適セット」という商品もあります。

良いものをお得な価格でゲットできる事前予約、注目ですね。

 

 

スポンサーリンク

ブラックフライデーセールを行っている店舗は?

 

そもそも日本にはアメリカのように感謝祭を祝う文化がないため、長い間ブラックフライデーの習慣がありませんでした。

しかし、毎年11月は年末商戦を控えて売上が伸び悩む時期であることから、2016年頃からイオングループを筆頭にブラックフライデーを謳った大々的なセールを開催する店が増えてきました。

その結果、日本においてもブラックフライデーが消費の起爆剤となり、翌年以降も大型ショッピングモールやECモールが続々とブラックフライデーのセールを開催しています。

ブラックフライデーのセールを開催するショップは、ECモールや大手スーパー、アパレルなど多岐に渡ります。

日本では11月23日が勤労感謝の祝日であることから、本来のブラックフライデーよりも1週間前倒しでセールを開催するショップも多く見られます。

日本におけるブラックフライデーの火付け役となったイオングループをはじめ、さまざまな大型チェーン店がブラックフライデーに力を入れています。

イオングループは2016年に国内でいち早くブラックフライデーを大成功させ、2020年は全国の店舗を対象に例年よりも長い期間にわたってセールを開催しました。

また、オンラインショップにおいても「ブラックフライデーご予約販売会」が開催され、開催1週間前には目玉商品が公開されていました。

 

アメリカ発のコストコは、2017年に日本の店舗においてもブラックフライデーを導入しました。

初年度は1日のみの開催でしたが、セール期間は年々延長されています。

電化製品、玩具、日用品などが大幅に値引きされ、特にテレビやパソコンなどの人気商品は開店直後に売り切れることもあります。

そして、もともとブラックフライデーは実店舗で開催されるセールでしたが、いまやAmazon(アマゾン)や楽天市場などのECモールもブラックフライデーを謳って大々的なセールを開催しています。

家電から高級食材まで、さまざまな商品がセールの対象となっています。

 

 

スポンサーリンク

ブラックフライデーセールはオンラインでも購入できる?

 

ここ数年はコロナ禍ということもあり、ネットショッピングが盛んですよね。

ブラックフライデーセールもオンラインでもちろん購入できます。

トイザらスやGAP、ABCマートなど様々お店がオンラインでもセールを行っていますのでぜひチェックしてみましょう。

 

 

スポンサーリンク

ブラックフライデーで実際に購入した人の口コミは?

 

ブラックフライデーでは色々な商品が安くなるということもあり大変人気となっているのですが、実際に行った方の感想も気になるところですよね。

「イオンのブラックフライデーセール始まっていますね。 レゴ20%オフはおもちゃクーポン(1000円オフ)と併用できますので、例えば、7000円+税の商品は4600円+税まで価格が落ちます (7000円から20%オフ⇒さらに1000円OFF⇒4600円で仕入れ可能)」

など、実際に購入するとさらにお得感が実感できるようです。

 

 

まとめ

ブラックフライデーは、セール対象品が幅広く色々なものが安くなるので、とても人気のセールとなっています。

また、人気の商品についてはすぐになくなる可能性がありますので、店舗で購入する方は開催してすぐに買いに行くのがおすすめです。

ほかの方法としては、公式オンラインショップから予約購入も可能となっていますので、そちらも合わせて活用することで、自分が欲しい商品を確実に購入することができますよ。

基本的にはセール商品はオンラインショップでも同様に販売されますので、そちらをチェックして購入してみるのもいいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました